クリスティアン・プリシッチ

  • name/クリスティアン・メイト・プリシッチ(Christian Mate Pulisic)
  • birth/1998/9/18
  • height,weight/175cm,70kg
  • position/RWG,LWG,OMF
  • place of birth/アメリカ
  • team,number/チェルシー,10
  • 市場価値/5,400万ユーロ

今やチェルシーでもアメリカ代表でも背番号10番を背負うアメリカの若き大スターであるクリスティアン・プリシッチ。今年もチェルシーのCL優勝に大きく貢献するなど、成長著しく、将来はワールドクラスの選手になることが期待されている。そんな彼を今回は紹介していきたいと思います。

リバプール3選手を翻弄」 チェルシーMFプリシッチ、"3人抜き突破"に英注目「完全に破壊」 | フットボールゾーン

経歴

幼少期~下部組織時代

アメリカのペンシルベニア州のインドアサッカーのプロ選手である父のもとに生まれた彼は、父の影響もありサッカーを始める。初めてのユースキャリアは7歳の時に1年間だけ移住したイングランドで所属したブラックリータウンFCの下部組織である。その後父の仕事の影響でアメリカのミシガン州に移った彼はミシガン・ラッシュという地元のサッカーチームに所属しながら、学校に通っていた。その後DAというアメリカの地元リーグに所属する、PAクラシックというチームに所属し、チェルシーのトレーニングセンターに通うなどしていた。

ドルトムント時代(下部組織~2019年)

そんな中2015年の冬、ドルトムントからの獲得の打診があり、2015年2月、当時まだ16歳であったクリスティアン・プリシッチはドルトムントと契約した。はじめはU-17カテゴリーに所属していたが、半年後にはU-19カテゴリーに昇格、そこでも変わらぬ活躍を披露し、ユース通算10ゴール8アシストを記録した。そしてその活躍を目にしたトーマストゥヘル監督によって2016年1月トップチームのドバイ合宿に召集されることとなった。そしてそのままウインターブレイクをトップチームで過ごすこととなった。

15-16シーズンの後半戦、彼はシーズン前の親善試合に2試合途中出場する機会を得、そこで1ゴール1アシストを決めた。さらにその後のウニオン・ベルリンとの親善試合にスタメン出場を果たし、フル出場、1ゴール、1アシストを記録し、トップチーム定着へ大きなインパクトを残した。そして2016年1月30日対FCインゴルシュタット戦においてアドリアン・ラモスとの交代で途中出場を果たし、ブンデスリーガデビューを飾った。さらに2016年2月18日対ポルト戦でUEFAヨーロッパリーグの初出場も果たした。そして2016年2月21日、対バイヤー・レヴァークーゼン戦において初スタメンを飾った。また続くシャルケ戦でもスタメンを飾り、その2試合を見た指揮官のトーマス・トゥヘルは彼を絶賛し、そこから一気にトップチームへと定着していった。そして2016年4月17日対ハンブルガーSV戦においてリーグ戦初ゴールを記録した。この時、プリシッチは17歳と212日で、これはブンデスリーガ歴代で4番目に若い記録であった。このシーズンは公式戦12試合出場2ゴールを記録、そしてリーグ戦での最年少複数得点の記録も達成した。

よく16-17シーズンではプレシーズンマッチの対マンチェスターシティ戦で得点を挙げるなど開幕前から好調を維持し、またCLでは2016年9月14日対レギワ・ワルシャワ戦においてドルトムントにおけるCL最年少出場選手を記録した。この年はレアルマドリードと同居したグループにおいて首位通過を果たし、最終的にベスト8進出を果たした。さらに3年連続準優勝だったDFBポカールでも優勝を果たした。そして本人としても好調で出場試合数、ゴール数などの成績を大きく伸ばした1年であった。この年は公式戦43試合出場5ゴールを記録した。

17-18シーズンでも好調を維持し、恩師トーマス・トゥヘルの退団にも影響を受けず、前年同様の記録を残した。しかしチームとしては振るわず、リーグ戦4位、CL,ポカールはともに早期敗退となり、悔しさが残るシーズンとなった。このシーズンは公式戦42試合出場5ゴールを記録した。

18-19シーズンでは、この年も主力の一人を担うと思われていたが、新しく就任したルシアン・ファブレ監督と相性が合わず、またけがの影響もあり、リーグ戦での出場は20試合と減った。しかし、一方で、試合に出場したときは結果を残すなど、一定の成長も見せた1年であった。この年は公式戦30試合出場7ゴールを記録した。

チェルシー時代(2019~)

2019年1月2日、チェルシーへの完全移籍が発表された。移籍金5800万ユーロでの完全移籍ながら、18-19シーズンまでは、ドルトムントへのレンタル移籍という形で残留するという契約だった。この移籍金はアメリカ選手史上最高額での移籍金と、当時のドルトムントの史上2番目の移籍金をきろくした。

迎えた19-20シーズンではチームを抜けたエデン・アザールの穴を埋めることを期待されていたが、シーズン当初はベンチを温める時間も多かった。それでも2019年8月11日対マンチェスター・ユナイテッドでリーグ戦初出場を果たした。その後2019年10月26日対バーンリー戦でリーグ戦初ゴールを記録すると、その後さらに2得点を決め、自身キャリア初のハットトリック、チェルシー史上最年少でのハットトリックを達成した。さらに11月27対バレンシア戦ではチェルシーでのCL初得点を記録した。そして結果的にはチェルシーの新しい攻撃の要として君臨することとなった。このシーズンは公式戦34試合出場11得点を記録した。

翌20-21シーズンはチェルシーは攻撃陣を積極補強し、カイ・ハヴェルツ、ティモ・ヴェルナー、ハキム・ツィエクなどが加入し、ポジション争いを強いられることとなった。しかし、チームからの信頼は厚く、退団したウィリアンの10番を受け継いだ。2020年10月3日の対クリスタルパレス戦でシーズン初出場を果たすと、12月5日の対リーズ戦ではアメリカ人初のプレミアリーグ10得点を記録した。さらにCLの準決勝の対レアルマドリード戦では決勝ゴールを挙げるなど活躍。そしてチームを9年ぶりのCL優勝へと導いた。このシーズンは公式戦43試合出場6得点を記録した。

代表歴

彼はアメリカ代表の各カテゴリーの代表に選ばれており、U-17FIFAW杯ではアメリカ代表のキャプテンも務めた。彼はU-17アメリカ代表に所属した2年間で20ゴールを記録した。またこの時にクロアチア代表からの誘いも受けたが断った。そして2016年3月7日に当時のチームのヘッドコーチであったクリンスマンに呼ばれ、フル代表に初選出される。そしてワールドカップ予選対グアテマラ戦で代表初スタメンを飾る。さらに2016年5月28日の対ボリビアの親善試合で代表初ゴールを決めた。しかし、アメリカ代表はFIFAワールドカップの出場権を逃した。そして2018年11月20日対イタリア戦での親善試合ではアメリカ代表の主将に任命された。現段階で、アメリカ代表で公式戦38試合出場16ゴールを記録している。

プレースタイル

彼はドリブル突破を得意とする選手である。しかし前エースのアザールとはタイプが違い、鋭いドリブルで縦に素早く抜いていくのを得意としている。また得点能力も高く、素早いスピードでゴール前に抜け出すことも得意としている。またトップ下としても活躍することもあり、攻撃的なポジションならどこでもできるというマルチロール性も兼ね備えている。ただまだ粗削りな点もあり、得点数よりも決定機を逸することが多かったり、ボールを持ちすぎて相手に取られるということも多々見受けられる。しかし、彼はまだ若く、成長の可能性が大きくあるので今後に期待である。

移籍の噂

今年も大型補強がうわさされているチェルシー、そこで少しずつ移籍の噂が囁かれている。特にプレミアリーグやブンデスリーガでの評価が高く、マンチェスターユナイテッドやリヴァプール、バイエルンなどからの関心が寄せられているようである。

主なスタッツ

リーグ戦

  • ゴール数       4点
  • アシスト       2回
  • 1試合平均キーパス  1回
  • 1試合平均パス成功率 83%
  • 1試合ドリブル成功率 45%
  • デュエル勝率     43%
  • 1試合平均オフサイド 0.1回

CL

  • ゴール数       2点
  • アシスト       2回
  • 1試合平均キーパス  1.1回
  • 1試合平均パス成功率 79%
  • 1試合ドリブル成功率 62%
  • デュエル勝率     57%
  • 1試合平均オフサイド 0.1回

参照 sofa score

プレー動画

Twitterやってるのでフォローお願いします!もし書いてほしい選手などがいたら教えてください!

Add a comment

メールアドレスが公開されることはありません。