マイク・メニャン

  • name/マイク・メニャン(Mike Maignan)
  • birth/1995/11/28
  • height,weight/191cm,89kg
  • position/GK
  • place of birth/フランス領ギアナ
  • team,number/ミラン,16
  • 市場価値/2,700万ユーロ

20-21シーズンに堅守を誇るリールのリーグアン優勝に大きく貢献したマイク・メニャン。新シーズンからはドンナルンマに代わるミランの新守護神として大きな期待を寄せられているそんな彼を今回は紹介していきたいと思います。

選手名鑑】マイク・メニャンの現在地|ACミランに移籍!ロリスの後釜候補筆頭のフランス代表GK - Evolving Data Labo |  Evolving Data Labo

経歴

幼少期から下部組織時代

フランス領ギアナ、カイエンヌに生まれた彼は、その後すぐフランス本土へと移住する。そして8歳になったころにフランスのヴィリエ=ル=ベルのサッカーチームに入団すると、14歳になるとフランスの名門であるパリ・サンジェルマンの下部組織へと入団した。

パリ・サンジェルマン時代(2009年~2015年)

パリ・サンジェルマンの下部組織で力をつけていた彼は2013年6月9日に3年契約でパリ・サンジェルマンのトップチームへと昇格した。13-14シーズンはパリ・サンジェルマンのBチームで出場を重ねた。そしてこのシーズンのUEFAユースリーグでもベスト4までへの進出に大きく貢献した。しかしBチームでは公式戦通算で42試合出場をしたものの、Àチームへの昇格はかなわなかった。

リール時代(2015年~2021年)

パリ・サンジェルマンでAチーム昇格がかなわなかった彼は2015年8月19日LOSCリールへの入団が発表された。5年契約の移籍金100万ユーロであった。リールでは加入初年度である15-16シーズンからトップチームに帯同することもあった。そして2015年9月18日対レンヌ戦でプロデビューを果たした。さらにこの試合で初のボールタッチがPKセーブであった。このシーズンは公式戦4試合出場1クリーンシートを記録した。

続く16-17シーズンでも主にはベンチ要員ながらカップ戦などで出場する機会もあった。このシーズンでは2017年1月7日対アジャクシオ戦のクープ・ド・フランスで初出場を果たした。このシーズンは公式戦12試合に出場して4試合のクリーンシートを記録した。

翌17-18シーズンではこのシーズンから監督に就任したマルセロ・ビエルサに守護神として抜擢される。2017年8月6日の対ナント戦との開幕戦において先発出場を果たす、しかしその翌試合の対ストラスブール戦では相手ストライカーにボールを投げてしまいそのまま失点してしまうというミスもあった。しかしそこから守護神の座を守り切った。このシーズンは36試合に出場し、5回のクリーンシートを記録した。

18-19シーズンでも再び守護神としてチームをけん引する。このシーズンでは2018年8月12日対レンヌ戦での開幕戦で早速初出場を飾ると、そこからチームの守備を最後方から牽引。リーグ戦38試合30失点というリーグ最少失点を誇ったチームの守備の要として奮闘し、リールのクラブ史上最高順位となる2位躍進に大きく貢献した。そしてUNFPが選ぶシーズンベストキーパーにも選出された。このシーズンは公式戦42試合出場、15回のクリーンシートを記録した。

19-20シーズンは自身もクラブも初となるCLに出場するなど過密日程となるも変わらずチームの守護神として活躍した。2019年8月11日の対ナント戦での開幕戦でリーグ初スタメンを飾ると、2019年9月18日の対アヤックス戦においてCL初出場初スタメンを果たす。チームはチェルシー、アヤックス、バレンシアという強豪ひしめくグループにおいてグループリーグ敗退となるも自身は全6試合に出場した。また2足の草鞋となったリーグ戦では2020年3月9日対マルセイユ戦でけがを負い、そこでシーズンが終了となった。このシーズンは公式戦37試合に出場し12回のクリーンシートを記録した。

20-21シーズンでもチームはELとの2足の草鞋となる。2020年8月23日対レンヌとの開幕戦でスタメンを飾ると、2年前と同様にチームの堅守をけん引。またELでもグループリーグの突破に大きく貢献。そしてリーグ戦では最終節までもつれたパリ・サンジェルマンとの優勝争いに競り勝ち、チームの初優勝を飾った。また自身もリーグ戦21試合クリーンシートというリーグ新記録という驚異的な成績を残した。このシーズンは公式戦48試合出場22回のクリーンシートを記録した。

ACミラン時代(2021年~)

長くチームを支えてきた若き守護神ジャンルイジ・ドンナルンマの退団を受けたミランがその後釜としてリールでの堅守をけん引した彼に興味を持つ。そして2021年5月27日移籍金1300万ユーロの5年契約でミランへと入団した。

代表歴

フランス代表のU=16からの各カテゴリーの代表に選出されており、2012年のU-17ヨーロッパ選出権ではキャプテンも務めた。そして2019年のEURO2020予選のトルコ戦でA代表初選出された。そして2020年10月8日の対ウクライナ戦で初出場を果たした。またEURO2020の本選にも追加選手として登録された。

プレースタイル

高い身体能力を生かした安定感のあるセービングを武器としており、またけがや調子の波が少ないことでも知られ、安定的な成績を期待することができる。チームのスタイルからキーパーからのビルドアップからの攻撃が少なかったが、足元の技術も一定以上のものがある。またPKセーブも得意としており、リーグ戦で7回ものセーブを記録している。さらに反射神経、ポジショニングにもたけており、2019年には220回を超えるセーブ数を記録している。

20-21シーズンの主なスタッツ

リーグ戦

  • 1試合平均失点数    0.6点
  • PKセーブ率       50%(1回/2回中)
  • 1試合平均セーブ数   2.3回
  • セーブ数        87回
  • パス成功率       67%
  • クリーンシート     21回
  • 失点数         23失点

EL

  • 1試合平均失点数     1.5点
  • PKセーブ率       0%(0回/2回中)
  • 1試合平均セーブ数   1.9回
  • セーブ数        15回
  • パス成功率       69%
  • クリーンシート     1回
  • 失点数         12失点


参照   sofascore

プレー動画

Twitterやってるのでフォローお願いします!もし書いてほしい選手などがいたら教えてください!

Add a comment

メールアドレスが公開されることはありません。